偉大な会社を蝕む採用のミス

ものを学ぶうえで最良の好機というのは教科書や講義からは得られないものだ。むしろ、志を同じくする起業家たちが、日々の会社運営の中で直面する現実的な苦悩を見聞きし、その教訓を吸収したり自分なりに分析したりすることによって、学べることは多い。

今、最も元気な小・中規模企業たち「スモール・ジャイアンツ」を訪問! シリーズ第一話:アメリカで最も心理的に健康な職場

近年、「最も働きたい会社」、「最も急速に成長している会社」などの上位にランクインし、米ビジネス界の熱い注目を浴びている小・中規模企業の団体があります。
その名も、「スモール・ジャイアンツ」。「大きくなる」ことではなく、「偉大な会社になる」ことを目指し、各々が独自に編み出した経営ノウハウの共有などを行っています。
売上成長や市場シェアの拡大ではなく、「社会にどれだけ貢献できるか」を最優先に掲げ、意義ある会社をつくることに徹底的にこだわる「スモール・ジャイアンツ」。面白いことに、これらの会社が顧客からの絶大なる支持を集め、急成長しているのです。

「スモール・ジャイアンツ」-大きな意義を追及する小さな会社たち

先週末、サンディエゴにて「スモール・ジャイアンツ・サミット」というカンファレンスに参加してきました。「スモール・ジャイアンツ」とは、2007年に出版された同名のビジネス書にインスピレーションを得て設立された非営利団体で、必ずしも「大きくなる」ことではなく、事業の成功と社会貢献を両立させる「偉大な会社」になることを目指す小・中規模企業を支援する組織です。